初正月

日本には古くから『初正月(はつしょうがつ)』に女の子には羽子板、男の子には破魔弓(はまゆみ)を贈る風習があります。

『破魔弓』は、邪気をはねのけたり、目に見えない精霊を退散させる力があるとされています。雄々しく、力強く、健やかに育てとの願いを込めて飾ります。

『羽子板』は、無患子を突いて邪気をはね(羽根)のけ、美しく無事成長することを願うための大切な飾りです。